日本 の 黒い 霧 ブログ。 (神)日本の黒い霧

黒い 日本 ブログ の 霧 黒い 日本 ブログ の 霧

💙 この空は、25日午後6時半ごろ、で撮影。

15
そこにはなんと、第7代孝霊天皇の時代、駿河の国が裂けて海が現れ、そして、たった一晩でその海が天から降ってきた土で埋め尽くされ富士山となったと記述があるのです。 相変わらず空の様子が賑やかなようです。
黒い 日本 ブログ の 霧 黒い 日本 ブログ の 霧

👐 この辺りは高句麗からの亡命者が入植した土地と言われるが、当時の日本と高句麗との関係を、現在と同じく朝鮮半島と日本 外国と日本 の関係に置き換えて見てよいのだろうか?そして、2017年に現上皇が私的にここを参拝した真意とはいったい何であろうか 下写真 ?ここにもあの鶴丸が印されているのだ。 ちなみに、 B氏が東海村に出向していたのは30年以上も前の話ですから、日航機事故発生以前、既に日本では核弾頭を開発していたことになります。

5
ただし、被害者の一面もあります。
黒い 日本 ブログ の 霧 黒い 日本 ブログ の 霧

😍 空気がひんやりとし冬晴れの空が続いていますが、ここ数日、空がとても賑やかになっています。 詳しくは空対空ミサイル弾頭の構造を示した概略図 図1 をご覧ください。 おそらく密かに開発していた核弾頭がIAEAに嗅ぎつかれて、急遽、敦賀の原子力研究所に運び込むか、監視の緩い大阪港から国外に持ち出そうと考えたのでしょう。

20
ここに存在する理由として、S氏は「自衛隊が国産の核爆弾をここに落とし、生存者の口を封じようとしたのではないか?これはその不発弾だった。 ちなみに、今では、の方こそとのつながりでの幹部を守る為、あえてユダ説を書いたんじゃないか?という逆疑惑も言われている 笑。
黒い 日本 ブログ の 霧 黒い 日本 ブログ の 霧

🐲 まさか、旧陸軍の亡霊たちが旧ソ連や中国に近づいた理由とは、国産核の共同開発のため・・・ B氏: そうとも考えられますね。 いずれにせよ、掘り出してみないと真偽は確認しようがないのですが、積荷であろうと、後から投下したのであろうと、 日本の国産核弾頭が日航機事故に関連したという意味では同質であり、どちらにせよ、米軍、旧ソ連軍を交えた乱戦を生み出す大きな要因となったのは間違いないでしょう。

19
国外だとしたら、行き先は北朝鮮かシンガポールでしょうね。
黒い 日本 ブログ の 霧 黒い 日本 ブログ の 霧

✆ 富士山も伊豆半島もそこになかった と。

8
見よ!ミスターハーネス、若田さんの雄姿を! 笑 神代一の年に記す 管理人 日月土. それがいったい何を意味するのか?唯一考えられるのは、 空対空ミサイルだけでなく、種類の異なる地対空ミサイルやロケット弾が、現地で乱射されていた可能性が極めて高いこと。
黒い 日本 ブログ の 霧 黒い 日本 ブログ の 霧

☕ 一の年の始りを前に 管理人 日月土. その為には、先に自ら改革で設定したの推奨により強大化した員が邪魔だった。

6
大和武尊が相模国に入る前に立ち寄った「焼津」とは、現在の神奈川県足柄市付近を指します。 亦た、精米を累 かさね るが如し。