帰京 現代 語 訳。 土佐日記「帰京」

語 帰京 訳 現代 語 帰京 訳 現代

😇 夜がふけてやって来たので、途中のあちこちが見えない。 出典 土佐日記 参考 「国語総合(古典編)」三省堂 「教科書ガイド国語総合(古典編)三省堂版」文研出版. 解説はこちら 第2章 現代語訳 地獄は一定すみかぞかし 第二章 原文 現代語訳 おのおの十余ヶ国の境を越えて、身命を顧みずして訪ね来らしめた まう御志、ひとえに往生極楽の道を問い聞かんがためなり。 家に預けておいた人の心もこの家と同じように荒れはてているのだったよ。

17
この世でどんなにかわいそうに、何とかしてやりたいと思っても、ご承知の通り、助けきることは難しいですから、聖道の慈悲は、一時的で徹底しないのです。 忘れがたく、口惜しきこと多かれど、え尽くさず。
語 帰京 訳 現代 語 帰京 訳 現代

👀 さりけれど、 そうではあったけれど、 このもとの女、悪しと思へるけしきもなくて、出だしやりければ、 このもとの女は、(男が河内へ行くのを)嫌だと思っている様子もなくて、(男を)送り出していたので、 男、 異 こと 心 ごころ ありてかかるにやあらむと思ひ疑ひて、 男は、(妻も)浮気心があってこのよう(な様子)であるのではないだろうかと思い疑って、 前栽 せんざい の中に隠れゐて、河内へ 往 い ぬる顔にて見れば、 庭の植え込みの中に隠れていて、河内へ行ったふりをして見ていると、 この女、いとよう化粧じて、うちながめて、 この女は、たいそう美しく化粧をして、(物思いに沈んで)外を眺めて、 風吹けば 沖 おき つ 白 しら 波 なみ たつた山 夜半 よは にや君が ひとり越ゆらむ 風が吹くと沖の白波が立つという、その龍田山を、夜中にあなたはたった一人で越えているのだろうか。

5
聞きしよりもまして、言ふかひなくぞこぼれ破れたる。
語 帰京 訳 現代 語 帰京 訳 現代

💋 阿弥陀仏から頂いた真実の信心を、わがもの顔に取り返そうと言うのでしょうか。 自然の理にあいかなわば、仏恩をも知り、また師の恩をも知る べきなり、と云々。

14
【土佐日記/帰京】 『現代語訳』 十六日。
語 帰京 訳 現代 語 帰京 訳 現代

⚔ 桂川を、月が明るい時に渡る。 それで、善人でさえ助かるのだから、まして悪人はなおさら 助かると仰になったのです。 土佐日記 夜ふけてくれば 原文 現代語訳 黒原文 青現代語訳 解説品詞分解のみはこちら土佐日記帰京解説品詞分解. (道長のおっしゃったことが)今日すぐに実現するのではありませんが、 道長のお態度や、おっしゃることの(強引な)様子から、いくらかは(師殿が)気後れなさったとみえます。

13
ある人、県 あがたの四年五年 よとせいつとせ果てて、例のことどもみなし終へて、解由 げゆなど取りて、住む館 たちより出 いでて、船に乗るべき所へ渡る。
語 帰京 訳 現代 語 帰京 訳 現代

😊 この人、国に必ずしも言ひ使ふ者にもあらざなり。 解説はこちら 第6章 現代語訳 親鸞弟子一人も持たず 第六章 原文 現代語訳 専修念仏の輩の、「わが弟子、ひとの弟子」という相論の候らん こと、もってのほかの子細なり。

解説はこちら 第10章 現代語訳 念仏には無義をもって義とす. 思い出さないことは何一つなく、恋しく思うなかでも、 この家で生まれた女の子がいっしょに帰らないのが、どれほど悲しいことか。 だから、阿弥陀仏の本願に救われて、お礼の念仏を称える身になることのみが、徹底した大慈悲心なのです、と親鸞聖人は仰せになりました。
語 帰京 訳 現代 語 帰京 訳 現代

🙂 うわさに聞いていた以上に、話にならないほど壊れ傷んでいる。

聖道の慈悲というは、ものを憐れみ愛しみ育むなり。