モスピラン sl。 モスピランSL液剤

Sl モスピラン Sl モスピラン

📲 このことからも、5月から6月下旬までの防除が重要であることがおわかりいただけると思う。

1日でも2日でも、それなりの効果は期待できるが、残効が短くなるので、次回の散布を早めに行う必要がある。
Sl モスピラン Sl モスピラン

😔 しかし果実でスターメラノーズが問題になる梅雨明け以降は希釈倍数を200倍とし、さらに炭酸カルシウム剤(クレフノン等)を200倍で加用する。 ネオニコチノイド系以外にも環境ホルモン農薬の ピリフルキナゾン(コルト顆粒水和剤)がありますが, ホルモンという言葉の示すとおり, が報告されていますので使用しないことです。

11
ここ数年、梅雨期の集中豪雨は一日で数百ミリの降雨量に達することもある。
Sl モスピラン Sl モスピラン

🐲 銅剤のなかで最も効果が高いのはICボルドーである。

9
(2016年3月2日付:きくの変更• 400倍ではチャノキの被害も抑制される。
Sl モスピラン Sl モスピラン

😉 石灰硫黄合剤は,カイガラムシ類において 落葉果樹への高濃度散布(7~10倍希釈)の適用はありますが, 石灰硫黄合剤は強アルカリ性の農薬ですので, 常緑果樹のミカンなどにおいてカイガラムシ類に対する高濃度散布は適していないようです。

9
清見オレンジの葉にとまる2個体のイセリアカイガラムシ この写真は,柑橘の木に大量発生し,薬剤を散布して数日後に撮ったもので, 薬は浸透移行性のある農薬を使ったので, 葉や枝にも薬剤が浸透していると考えられ,虫体はかなり弱っている状態と思います。
Sl モスピラン Sl モスピラン

👏 ラベルの記載以外には使用しないでください。

・顆粒水溶剤より溶けやすいので便利です。
Sl モスピラン Sl モスピラン

🤝 木への薬害や虫の活動時期などを考慮して,新芽が出る前(3~4月)に水で50倍に希釈して散布します。 もちろん,カイガラムシそのものによる影響もあると思います。

コサイドDFなどの無機銅水和剤でもクレフノン等の加用は必須である。 同様に500倍では300mmまで、600倍では250mmまで、800倍では100mmまでであった。
Sl モスピラン Sl モスピラン

👈 01%となります。

9
どのような農薬でも 注意して使用して下さい。 薬害を被るのは吸蜜昆虫のみでなく,他の虫や下草の種などをついばんでくれる小鳥や,セミやバッタなどの 罪のない生き物にまで及んでいることを忘れてはいけません。