インド 少年 コロナ。 「AIは人工知能ではない」インドの天才少年が言い当てたイノベーションの本質

コロナ インド 少年 コロナ インド 少年

🤟 特に、インドと中国の間の経済的な結びつきを考慮すると、両方の国は、このことのために大きく影響を受けます。 それで、私は、自分が忘れていると誰かが言った箇所を実際にリーディングしました。

2
そのウィルスが、今回のコロナよりも深刻なものになる。 その時、オフィスの光景が浮かぶかどうかは、記憶力や計算量だけの問題ではない。
コロナ インド 少年 コロナ インド 少年

👆 ですから、それは、両方の国からの攻撃ではないということです。

詳細は、お問い合わせください。
コロナ インド 少年 コロナ インド 少年

😆 本来は、両国の国民には関係ない。

11
例えば産業革命以来、人間は様々な人工物を製造してきた。
コロナ インド 少年 コロナ インド 少年

✔ 戦争においては、どちらの側が勝利を宣言しても、どちらの側も実際は敗者なのです。

6
インドと中国は、戦争にならない。
コロナ インド 少年 コロナ インド 少年

✊ そういう人は、貧しく、私たちが助けなければなりません、もし仮に、私たちが、大きなお店に行く機会があったら、商品は、道端の露店でもほとんど変わらなければ、少し余分に歩いて、そういう低い経済の地域の人々に上向くチャンスをあげましょう。 市販の野菜は無機野菜。

心と体を落ち着けて、その痛さを「平常」としてしまうのだ。 第2波は、都会を離れ、自然と共に暮らす者のみ乗り越えられる試練だった。
コロナ インド 少年 コロナ インド 少年

📲 私が動画の中で、、6月21日より後は、物事はゆっくりと良い方向に向かい、6月21日の月食は、全世界にとって、その兆しだと説明しました。 まだまだわからないことばかりの「ラシ占い」。

17
インドの14歳の少年である師アビギャ・アナンド君の予言 アビギャ・アナンド君は、2019年8月22日ににアップロードされた「2019年11月から2020年4月までの大災難」で、2019年末からウイルスが発生し、3月29日から4月2日にかけて状況が悪化していくと言っており、見事にを言い当てたと話題になっていましたが、今回はその続編です。