マジック 対 ラプターズ。 ラプターズ公式サイトが渡邊雄太を特集 指揮官も「本人の努力以外の何物でもない」と大絶賛

対 ラプターズ マジック 対 ラプターズ マジック

😊 ラプターズは、2月26日(同27日)に代理本拠地としているアマリー・アリーナで行なわれたヒューストン・ロケッツ戦で、フォワードのパスカル・シアカムとニック・ナース・ヘッドコーチを含む6人のチームスタッフが試合前に新型コロナウイルスに対するリーグの安全衛生プロトコルの対象となったことでしていた()。 。

20
相手のエース格の選手と堂々と渡り合うプレーに、本紙バスケット評論のBリーグ・京都ハンナリーズ松井啓十郎(35)は「守備で最後の砦(とりで)になっている」と評価した。
対 ラプターズ マジック 対 ラプターズ マジック

😜 前半の勢いを保って後半も攻め続けるラプターズ。 これは取れなかった時に相手の速攻に対応できないリスクもあるのですが、渡辺選手は豊富な運動量でしっかり守備に戻っています。

16
しかし、この日の立ち上がりは相手に主導権を握られ、0ー11のランを許すことに。
対 ラプターズ マジック 対 ラプターズ マジック

🐝 ラプターズにとっては、2月28日(同3月1日)に予定されていたされたのに続いて、2試合連続の延期となる。 卒業後は帰国し、今季から京都に加入。 「自分や塁のように、日本の多くの子どもたちにNBAでプレイしてほしいんです。

14
2月1日のマジック戦に勝利し、連敗をストップさせたラプターズ。 デマーは大好きですが…」と話して笑顔を見せた。
対 ラプターズ マジック 対 ラプターズ マジック

❤️ こうして守備でしっかりと「最後の砦」になれています。

18
ティンバーウルブスのベンチ勢(6人)は30得点を記録しており、主力以外の成績に微妙な開きが出た試合となった。 「アンビリバボーですね。
対 ラプターズ マジック 対 ラプターズ マジック

🤗 そうなればいいパスが来るようにもなります。 過去にラプターズで50得点したケースはデマー・デローザン(現サンアントニオ・スパーズ)の52得点、そしてヴィンス・カーター(昨シーズンを最後に引退)とテレンス・ロス(現マジック)の51得点のみだったが、バンブリートは一気に3人を抜いてチーム新記録を樹立したことになる。 成績は平均12. ハードにプレイすることは、ミスを制限することにつながる。

16
くしくもちょうど39年前の同じ日、苦労人のタフガイとして知られたマローンが打ち立てた記録を破ったことは、バンブリートにとって大きな誇りに違いない。 それでもフレッド・バンブリートやノーマン・パウエルの3ポイントで徐々に盛り返すと、第1クォーター残り4分19秒にバンブリートのこの試合2本目の3ポイントで逆転に成功する。
対 ラプターズ マジック 対 ラプターズ マジック

🌏 この調子を維持できれば…」と会見で渡邊の起用について明るい見通しを語っている。 バンブリートの快記録はフィールドゴール23本中17本(3Pは14本中11本)成功にフリースロー9本すべてを決めての54得点という、非常に効率的な達成だった。 渡邊はこの日で連続出場が6試合となったが、これは昨シーズンの2月26日から3月7日までの7試合に次ぐキャリア2番目の記録。

20
渡邊は11分5秒の出場で2得点1リバウンドをマークした。 ラプターズ内で新型コロナウイルス陽性者が出ていることと、接触追跡調査が進行中であることがその理由だ。
対 ラプターズ マジック 対 ラプターズ マジック

💋 「スイッチ」というプレーは、例えば小さい選手が大きい選手を守らなければならない状況をつくり、そのサイズ差(スピードの差の場合もあります)で攻撃側に有利な状況にすることですが、渡辺選手には機動力と長いリーチがあるので、スピードのある選手でも大きい選手でもしっかり守れる。 渡邊はこの日11分出場してダンク1本の2得点に1リバウンドを記録している。 とても恐れ多く、誇らしいです。

20
バンブリートと大学時代に対戦したことがあり、同じドラフト外でラプターズに入った渡邊雄太もギアを上げてくるだろう。
対 ラプターズ マジック 対 ラプターズ マジック

👌 さらに、周りがクリエートしてくれたスリーポイントシュートを確実に決めているのも大きいです。 ラプターズはここまで17試合で先発を務めていたOG・アヌノビーが欠場。 試合後は渡邊も でバンブリートへの祝福と敬意を表していた。

1
テレンス・デイビスがスターティング5に名を連ねた。
対 ラプターズ マジック 対 ラプターズ マジック

✌ また、積極的にオフェンスリバウンドに飛び込むのも持ち味。 そうしたハッスルプレイで出場時間を掴んでいったし、オフェンスでの貢献度も高まってきている」と称賛した。

7
そのためにも、自分はまだまだやらなきゃいけないことがたくさんあります」 直近5試合はすべて14分以上出場し、毎試合3ポイントを決めている。