ベンツ gla 中古。 GLE(メルセデス・ベンツ)の中古車

Gla 中古 ベンツ Gla 中古 ベンツ

☣ バン・商用車• リフトアップ• 従来型と比べて、広く快適な室内が実現されている。 HDDナビ• TV フルセグ• (2020. 自動駐車システム• 内外装デザインを一新して、最新技術と装備を搭載。 30万円以下• マニュアル MT• 2015年7月発売モデルでは、「GL550 4マチック AMG エクスクルーシブパッケージ」を設定しています。

軽自動車• また、新型Aクラスで導入された、インフォテインメントシステム「メルセデス・ベンツユーザーエクスペリエンス」と、最新の安全運転支援システムも備える。 全周囲カメラ カーナビ• Bluetooth接続• 40万円以下• 50万円以下• オートライト• エンターテインメント装備は、「ハイ、メルセデス!」の自然対話式音声認識機能を備えたボイスコントロール、AIによる学習機能などを備えた対話型インフォテインメントシステム「MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザーエクスペリエンス)」、Qi規格対応の携帯、スマホを無線充電できる「ワイヤレスチャージング」などを標準装備する。
Gla 中古 ベンツ Gla 中古 ベンツ

🖕 インテリアは、横方向のワイドさを強調するワイドスクリーンディスプレイ、5つの円形エアコン吹き出し口などのAクラスの基本的デザインを踏襲し、ダッシュボードのインストゥルメントクラスター上方のカウルは廃止としたほか、ダッシュボード中央部と助手席前部の一部が切り取られているように凹んでいるデザインのインパネ形状とすることで、室内空間の広さを強調している。

19
オートクルーズコントロール• Sクラスと同等の運転支援機能、「インテリジェンスドライブ」も搭載された。
Gla 中古 ベンツ Gla 中古 ベンツ

👌 シートヒーター• 助手席エアバッグ• 電動格納ミラー• シートエアコン• 衝突被害軽減システム• ボディカラーには、「オブシディアンブラック」「カバンサイトブルー」を含む全8色をラインナップしており、左ハンドルのみの設定となっています。

8
アダプティブクルーズコントロール• パワーウィンドウ•。
Gla 中古 ベンツ Gla 中古 ベンツ

🤛 ルーフレール• なお、2016年に実施されたマイナーチェンジにおいて、車名が「GLクラス」から「GLSクラス」に変更され、「GLクラス」は2代目で終了しました。 型式から探す クルマ情報(中古車両)を型式から簡単に車両検索できます。

12
短い前後のオーバーハング、クーペのようなスタイリッシュな曲線を用いたデザインが与えられた。 衝突安全ボディ• ローダウン• CDナビ• SDナビ TV• グレードから探す クルマ情報(中古車両)をグレードから簡単に車両検索できます。
Gla 中古 ベンツ Gla 中古 ベンツ

😀 スタイリッシュな都市型SUV コンパクトなボディにメルセデス・ベンツのSUV技術を凝縮させつつも、都市での日常生活にも適したスタイリッシュでオールラウンドなコンパクトSUVの2代目。 オプション• 後席モニター オーディオ• 3列シート• ETC2. エアサスペンション• このクルマは、オンロード、オフロードともに優れた走行性能を備えるラグジュアリーなSUVで、全長5mを超えるビッグサイズを誇ります。

9
ターボチャージャー• 20万円以下• 横滑り防止装置• この車両の初代モデルには、ヘッドレストと一体となったスポーツシートの他、緊急ブレーキシステムなどの安全装備が搭載されています。 車両は、大径エンブレムをフロントグリルの中央に配し、前後アンダーガードやラバースタッドが付いたサイドステップなどを装着しています。
Gla 中古 ベンツ Gla 中古 ベンツ

👆 型式名 中古車価格 新車価格 燃費 排気量 シフト 駆動方式 定員 ドア数 158. カセット 動画プレイヤー• テールゲートは、両手に荷物を持っている時に便利な足の動きでテールゲートを自動で開閉できるフットトランクオープナー(テールゲート自動開閉機能)、運転席、テールゲート、キーのスイッチでテールゲートを自動で開閉できるEASY-PACK自動開閉テールゲートを標準装備する。

8
ウォークスルー• 15万円以下• HID(キセノンライト)• 運転席エアバッグ• サイドカメラ• 25万円以下• 電動格納サードシート 外装• LEDヘッドランプ• 頸部衝撃緩和ヘッドレスト カメラ• 対話型インフォテインメントシステムである「MBUX(メルセデス・ベンツユーザーエクスペリエンス)」が搭載されるなど、利便性も向上。
Gla 中古 ベンツ Gla 中古 ベンツ

🙂 オートマチックハイビーム• USB入力端子• 軽トラック• また、2017年4月発売モデルにおいて実施されたマイナーチェンジからは、同社のSUVの多くに採用される「パンチドグリル」、強調されたフロントフォグランプ、アンダーガードをデザインモチーフとしたフロントおよびリアバンパーなど、メルセデスのSUVが備えるオフロード特性を強調したエクステリアが採用されました。

ABS• さらに、DCM(車載通信機)を標準装備し、24時間緊急通報サービス、24時間故障通報サービス、スマホで車両を遠隔操作&確認できる「リモート車両操作」などのテレマティクスサービス「Mercedes me connect」を利用することができる。 なお、2012年に2代目モデルに実施されたフルモデルチェンジでは、「ファーストクラス」をテーマに、同社の代表的な高級サルーン「Sクラス」に匹敵する快適性が追求されています。