アウローラ ドン。 セフィラにおける《幻獣機アウローラドン》の活用法

ドン アウローラ ドン アウローラ

✌ げんじゅうきウォーブラン 幻獣機ウォーブラン 風属性 レベル 1 【 機械族 / チューナー / 効果 】 攻撃力 300 守備力 300 このカードが機械族モンスターのシンクロ召喚の素材として墓地へ送られた場合、「幻獣機トークン」(機械族・風・星3・攻/守0)1体を特殊召喚する。 その後、フィールドのカード1枚を選んで破壊する。 アウローラドンのトークン生成効果をトリガーに墓地から舞い戻る事が出来る。

11
自分または相手の墓地のカード1枚を選択してゲームから除外する。 《ジェネクス・ウンディーネ》 《ジェネクス・ウンディーネ》を召喚し、 《水晶機巧-ローズニクス》を落とし、 《ジェネクス・コントローラー》をサーチ 2. 1体リリースでカード1枚を破壊、2体リリースで幻獣機のリクルート、3体で罠カードのサルベージを行うことができる。
ドン アウローラ ドン アウローラ

👎 げんじゅうきコンコルーダ 幻獣機コンコルーダ 風属性 レベル 7 【 機械族 / シンクロ / 効果 】 攻撃力 2400 守備力 1200 チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上 このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、自分フィールド上のトークンは戦闘及び効果では破壊されない。

11
ただ、 ターン1がついており、生成されるンがレベル3である点には注意が必要です。
ドン アウローラ ドン アウローラ

🤜 また、ハリファイバーで機械族チューナーすれば、簡単に出すことが可能なため、実際はそこまできつい素材指定というわけではありません。

12
・・・そしてルール変更によりリンク3ながらマーカー2本しか拡張できない欠点が消滅。
ドン アウローラ ドン アウローラ

⚒ 2体:幻獣機をデッキから• このギミックのメリットはシンクロ召喚可能な範囲が非常に広く、シンクロ素材に縛りのないシンクロモンスターなら全て《深海のディーヴァ》から出すことができます。 《アルティマヤ・ツォルキン》も、《憑依覚醒ーガギゴバイト》の効果でセットカードを用意できるので相性が良いですシンクロ召喚に困ったらとりあえずこのギミックを使え!というほどの汎用性はありませんが、頭の片隅に置いておいて損はないギミックです。 2:ハリファイバー効果でデッキから001を特殊召喚。

《SRベイゴマックス》ss efで《SRタケトンボーグ》サーチ《SR赤目のダイス》ns 《SRタケトンボーグ》ss• 安定性は大幅に上がりましたが、その代わり目的とするシンクロモンスターまでの展開ルートを考える必要があり、シンクロ召喚が億劫になってしまったのかなと感じました。 ブンボーグ003召喚するだけでやれることにしちゃあ破格すぎる。
ドン アウローラ ドン アウローラ

☮ リリースしたモンスターの数によって以下の効果を適用する。 自分フィールドに「幻獣機トークン」(機械族・風・星3・攻/守0)3体を特殊召喚する。

11
リンク3であり、素材に機械族モンスター2体以上要求するのであまりお手軽といえるような素材指定ではないですが、その後 ンを3体も生成するのでボードアドバンテージは確実に+になります。 この場合は従来の構築に《オライオン》を加え、の《ヴァレルロード》を不採用にし《幻獣機アウロー》を採用することで、無理なく使えるプランだと思います。
ドン アウローラ ドン アウローラ

🤩 またレベル4シンクロを立てやすいので儀式にも活用できる。 と強力な効果が目白押しになっております。

14
このターン、自分はリンク召喚できない。 天使族モンスターを多く使うデッキでは最大限のパワーを発揮できるでしょう。