ダミー ロード。 油冷式ダミーロードの製作

ロード ダミー ロード ダミー

👐 いずれにしても、先ずは電波を出さずに動作確認が必要ですね。

15
抵抗の定格電力は3Wです。
ロード ダミー ロード ダミー

☯ 半端に余っていたものがあるのでこれを利用します。 <ダミーロードの目的> オーディオアンプの測定では、負荷としてスピーカーなど実際に使用する機材のかわりに抵抗器などかわりの負荷を与えて行います。 これは、送信した電力が開放端で反射し送信機に逆流し、破損に至らしめると理解することも出来る。

9
1以下におさまっているので良しとします。
ロード ダミー ロード ダミー

💢 回路図ではショートピンを描いていますが、実際にはなく、ショートピンの代わりにワニグチクリップ付きリード線でジャンパーします。 そこで、金属皮膜抵抗を使ったオイル冷却のダミー抵抗を作る事にしました。 製品として、測定器校正・アマチュア無線用の許容入力10程度のものから、放送局等の送信施設に使用する100kW以上のものまで各種ある。

8
合計660円と安く上がりました。 50MHzでリターンロスが-31dBなのでSWR1. 右上は蓋をかぶせて完成した状態です。
ロード ダミー ロード ダミー

💖 無線機をつないでパワーをかけてみました。 ATTの抵抗を6本に増やし、すべてカシメで結合しました。

14
140Wで30分のエージングが終わりました。 無線送信機のがそのまま熱に変換される。
ロード ダミー ロード ダミー

💔 に JA7QPB より 最近の投稿•。 秋葉原の「斎藤電機商会」を覗いてみると、いい物が見つかるかもしれません。 リード線とバナナプラグの配線をします。

また、周波数が高くなってくると、同じ抵抗値であっても、各抵抗器ごとの周波数特性のばらつきが出て、これも各抵抗器ごとの消費電力のばらつきにつながりますから、複数組み合わせて使う場合は、全く同規格・同ロットの抵抗器の組み合わせが無難、と考えた方がいいかもしれません。
ロード ダミー ロード ダミー

💅 ダミーロードの製作?です。 。 しかし、このような専用のダミーロードでなくても実は問題ないケースが結構あります。

20
5ぐらいあります。
ロード ダミー ロード ダミー

🌭 SWR計の動作チェッカー SWRを測るのには色々と方法があるが、やっぱり市販で売られているSWR計は安くて便利である 私の場合はアンテナがとてもプアなので、電波を出す際にはSWR計で都度確認している この便利なSWR計であるが、時に誤差が気になることがあるのである 誤差とは言っても、SWRのコンマ以下の値とか1付近の値ではない 1. 製作したダミーロードをオイルに入れてふたをしっかりと閉めました。 オイルは鉱物油なので電気的に特性を乱す成分が入っているかもしれません。 とても素手では触れません。

1
HFでの利用を予定しているので特性としては問題ありません。