小田急 線 運行 状況。 小田急小田原線

状況 運行 小田急 線 状況 運行 小田急 線

😃 種別色はオレンジ色。 新松田 - 小田原間は水田が広がるを通るため利用客が比較的少なく、栢山・富水・蛍田・足柄の4駅はホーム有効長が最大6両分と短く設定されており、日中は6両編成の区間列車(各駅停車)が往復している。 その後を渡ると高架から一気に地下()に潜り、2面4線のに到着する。

10月15日 代々幡上原駅を代々木上原駅に、座間遊園駅を座間駅に改称。
状況 運行 小田急 線 状況 運行 小田急 線

😭 2002年3月23日のダイヤ改正で多摩急行が登場し、ほとんどの常磐線・千代田線内 - 相模大野駅間の準急が多摩急行に変更となり日中の準急は消滅した。 臨時列車 [ ] 江ノ島線直通の臨時列車は「」も参照。 (昭和33年)4月1日 登戸多摩川駅を登戸駅に、鶴巻駅を鶴巻温泉駅に改称。

路線はから出てを渡り、をに沿った谷で貫き、を越えてに入る。 朝ラッシュ時で最も混雑する列車は快速急行であり、特に10号車から8号車にかけて混雑が集中する。
状況 運行 小田急 線 状況 運行 小田急 線

😚 停車駅の変遷 [ ]• 6月1日 河原口駅を厚木駅に、相模厚木駅を本厚木駅に改称。 平常通り• 2014年3月15日のダイヤ改正では平日朝に1本のみ多摩線に直通する列車が設定された(新宿駅発唐木田駅行き)。 稲田多摩川駅(現・登戸駅)の停車を中止し、稲田登戸駅(現・向ヶ丘遊園駅)が停車駅に追加。

トンネルを通過して支流の沿いの渓谷を走り、急カーブが多く速度は低下する。 より、東京メトロ千代田線・に直通する列車をで運転している。
状況 運行 小田急 線 状況 運行 小田急 線

🖕 この改正で小田原線を通しで運行する急行に関しては、すべて新松田駅 - 小田原駅間無停車となった。 平常通り• 平常通り• 2018年3月3日に全区間が完成したが、 - 向ヶ丘遊園間は沿線のとの兼ね合いにより、暫定的に上り2線・下り1線で整備される。

12
世田谷代田駅付近 - 経堂間下り線高架化。 (平成28年) 千代田線直通用4000形のJRへの乗り入れ開始、常磐緩行線の小田急線への乗り入れ開始(209系1000番台は小田急線には乗り入れない)。
状況 運行 小田急 線 状況 運行 小田急 線

🌭 (昭和62年) 大根駅を東海大学前駅に、大秦野駅を秦野駅に改称。 梅ヶ丘 - 登戸間の複々線は、内側2線が急行線、外側2線が緩行線である。 経堂駅付近下り線高架化。

6
運転区間は新宿駅 - 伊勢原駅間で、この列車は往復とも設定されていたが、1980年代後半に廃止された。 前日からのの影響により新宿 - 南新宿間不通。
状況 運行 小田急 線 状況 運行 小田急 線

✔ あじさい号 1992年に運行。 のダイヤ改正より日中の都心側は新宿駅 - 新百合ヶ丘駅間において1時間に6本(10分間隔)の運転(同時に梅ヶ丘駅 - 百合ヶ丘駅間では、区間準急の全廃も伴って実質減便)となり、加えて急行との接続駅が成城学園前駅に統一された(このほか下りは新百合ヶ丘駅と海老名駅、上りは町田駅で急行または快速急行と接続)。 2面4線の秦野駅を発車すると右からが別れ、畑が混在する住宅地をきつめの登り勾配で小田原線の駅で最も標高の高いまで駆け上がる。

急行・準急の箱根登山鉄道鉄道線への乗り入れを廃止。
状況 運行 小田急 線 状況 運行 小田急 線

🍀 とが新宿 - 小田原間に乗車。 2018年3月17日のダイヤ改正で平日夕方以降に新たに常磐線・千代田線方面発急行が設定されたため、その系統での経堂駅通過も設定された。 綾瀬駅・北千住駅・西日暮里駅・大手町駅・霞ケ関駅・表参道駅・代々木上原駅・下北沢駅・新百合ヶ丘駅・町田駅・相模大野駅・海老名駅・本厚木駅 - 秦野駅間の各駅 2007年11月23-25日と・にも運転された。

3月14日 開成駅開業により、一部の列車に限り停車駅に追加。 に登戸駅に急行が停車し、翌に成城学園前駅にも急行が停車するようになると、上記の快速準急と同じように急行に統合される形で廃止となった。
状況 運行 小田急 線 状況 運行 小田急 線

💅 平常通り• 藤沢行:(相模大野までは箱根湯本行と併結)・中央林間駅・大和駅・湘南台駅・藤沢本町駅・藤沢駅• その後は住宅地を直線で抜け、へ。 (3年) 土曜・休日ダイヤ導入。

2km移転(実際の移転・新駅舎の供用は1996年)。